ポスター・セッション --- Poster Session ---
前略
先日,Nature のサイトで"Lead the poster parade"というプレゼンテーションに関する記事(Nature 536, 115-117 (2016) doi:10.1038/nj7614-115a)を読みました。
やはり,ポスター作成でのPowerpointはお薦めではないようで,できれば口頭発表用の図表含め,Illustrator やInkscapeなどがいいようです。また,エレベーターピッチを含め,複数の説明シナリオを用意するのがいいということ。
遡って,過去のarticle"Billboard science"(Nature 483, 113-115 (2012) doi:10.1038/nj7387-113a)も読みましたが,ちょっと驚いたのは,Landscape(横置き)を薦めていること。確かにLandscapeの方がいいと思うけど,会場のスペース上,Portrait (縦置き)しか使えないとばかり思っていました。海外のポスターセッションではLandscapeもOKのところがあるんでしょうね。
また,ソーク研究所では,科学者たちのプレゼンをサポートしてくれるグラフィック・デザインのスタッフもいるとのこと。
そういったところ,日本の大学はどうなのでしょうか。時には,研究室単位でもいいから,デザイン専門の講師を招いて,アドバイスを受けてもいいように思いますが。
では,体には十分気をつけて下さい。
草々
2016年 9月13日