paleozoic aquarium banner
ポマトラム Pomatrum ventralis (シダズーン Xidazoon stephanus
ポマトラム #01
ポマトラムPomatrum ventralis(シダズーンXidazoon stephanus)は、澄江化石層で見つかったカンブリア紀前期の海洋生物である 4)。ヴェトゥリコラ綱(Class Vetulicolida)、ヴェトゥリコラ目(Order Vetulicolita)、ディダズーン科(Family Didazoon)に分類されているが 1)、その系統は課題が多い。その後、北アメリカ、オーストラリアなどでも 同じ綱と考えられる化石が見つかっている 1), 2), 5)
ポマトラムとシダズーンは同じ年に発表されたが、同種であろうということで、シダズーンは別名扱いになっている。しかし、体後半部の形態が異なるという議論もあり、決着はついていない 1)
ポマトラム #02
ポマトラムの体は、前方部と後方部の2つに分かれ、両者の接合部は細くなっている。前方部の長さは約50mm、体高は約25-30mm、後方部もほぼ前方部と同じ長さである 1)
前方部は卵型か角の丸い四角形に近く、6つの体節からなり、側面には鰓裂と思われる構造の列が見られ、放射状の線が刻まれた内外口器円盤で囲まれた開口部を持っている 1)
体後方部も体節に分かれているが数は不明瞭である 1)
ポマトラム #03
体前方部から体後方部には消化管が通っており、体前方部の堆積物が詰まった体腔とつながっている 1)
海の中域深度を泳いでいた可能性もあるが、腸や体腔が堆積物で満たされていたことから、海底の堆積物近くを泳ぎ、堆積物を摂食する生活だったと考えられる 1)
ポマトラム #04
ヴェトゥリコラは鰓裂が並んだ溝を体側に持っていて、多量の水を吸い込みポンプで排出するような機構を持っていたらしい 3)
もしそうなら、ガス交換以外に、濾過食や水流による推進力にも鰓を使っていたのかもしれない。思い外、泳ぎが上手だったかもしれない。
ポマトラム
ポマトラムの形態は尾索動物(ホヤ)の幼生を想像させる。まだ議論は残っているが、ヴェトゥリコラは、後口動物ステムグループであり 3), 5)、尾索動物に近い 1)、あるいは尾索動物の姉妹グループと考えられている 2)
2015年3月 制作
参考文献・サイト:
  1. Aldridge RJ, Xian‐Guang H, Sivester DJ, Sivester DJ, Gabbott SE (2007) The systematics and phylogenetix relationships of Vetulicolians. Palaeontology 50: 131-168. (DOI:10.1111/j.1475-4983.2006.00606.x.)
  2. García-Bellido DC, Lee MSY, Edgecombe GD, Jago JB, Gehling JG, Paterson JR (2014) A new vetulicolian from Australia and its bearing on the chordate affinities of an enigmatic Cambrian group. BMC Evol Biol 14, 214. (DOI:10.1186/s12862-014-0214-z.)
  3. Ou Q, Conway Morris S, Han J, Zhang Z, Liu J, Chen A, Zhang X, Shu D (2012) Evidence for gill slits and a pharynx in Cambrian vetulicolians: implications for the early evolution of deuterostomes. BMC Biol 10, 81. (DOI: 10.1186/1741-7007-10-81.)
  4. Shu DG, Conway Morris S, Han J, Chen L, Zhang XL, Zhang ZF, Liu HQ, Liu JN (2001) Primitive deuterostomes from the Chengjiang Lagerstätte (Lower Cambrian, China). [abstract] Nature 414: 419-424. (DOI:10.1038/35106514.)
  5. Vinther J, Smith MP, Harper DAT (2011) Vetulicolians from the Lower Cambrian Sirius Passet Lagerstätte, North Greenland, and the polarity of morphological characters in basal deuterostomes. Palaeontology 54: 711-719. (DOI:10.1111/j.1475-4983.2011.01034.x.)