paleozoic aquarium banner
ユーリプテルス(エウリプテルス,ウミサソリ) Eurypterus sp.
ユーリプテルス
ユーリプテルスは、「ウミサソリ」として知られる広翼目(ウミサソリ目)に分類される絶滅した属の1つである。ウミサソリは、シルル紀からデボン紀に繁栄した 3)
ウミサソリは巨大であることが知られており、ほとんどのグループが体長1mに達するが、ユーリプテルス属も大きいものは1mに達する一方、多くは数十cm程度である 2), 3)
ユーリプテルス
ユーリプテルスは6対の前胸部(頭部と胸部)付属肢を持ち、第I肢は鋏角(ユーリプテルスのものは小さい)、第IIから第IVは摂食または歩行用、第V肢は歩行用で、第VI肢はパドル状に変化していて遊泳に適した形状をしている 1), 3)
ユーリプテルス
ウミサソリ類は性的二形で、オスが精莢を落とし、メスがそれを拾い、精嚢として保存し、受精・産卵の時期を制御するという配偶行動モデルが考えられている 1)。そうなると、大きなウミサソリが太古の海岸近くで互いに顔を突き合わせ、ダンスを踊っていたことになる。
ユーリプテルス
配偶行動や、脱皮をウミサソリ類は集団で行っていたのかもしれない。脱皮時に捕食者の攻撃を回避するため、また、配偶行動時に精莢などを乱されないため、流れの少ない浅瀬の沿岸部、潟、河口付近の汽水域などにある特定の期間、集合していたのだろう 1)
ユーリプテルス
おそらく、ウミサソリ類は呼吸器系を二重で、すなわち、水中での呼吸器と補助的な空気中での呼吸器を持っていたと思われる 4)。したがって、ある時間、陸上で息ができたかもしれない。
ユーリプテルス
ウミサソリの多くは、恐らくオルドビス紀中期には存在しており、その後急速に放散していったか、あるいは初期グループの出現はカンブリア紀まで遡るかもしれない 3)
ユーリプテルス
ユーリプテルスは、現在のサソリのように、尾に毒を持っていたのだろうか。この作品では目立つように赤い針にしたけれど、実際はどうなのだろう。
長く細い生殖肢はメス、短くずんぐりした生殖肢はオスであると考えられている 1)。このフェルトのユーリプテルスはメスということになるだろう。
2017年11月 - 2018年4月 制作
参考文献・サイト:
  1. Braddy SJ, Dunlop JA (1997) The functional morphology of mating in the Silurian eurypterid, Baltoeyrypterus tetragonophthalmus (Fischer, 1839). Zool. J. Linn. Soc. 120(4):435-461.(DOI:10.1111/j.1096-3642.1997.tb01282.x)
  2. Braddy SJ, Poschmann M, Tetlie OE (2007) Giant claw reveals the largest ever arthropod. Biol. Lett. 4:106-109. (DOI:10.1098/rsbl.2007.0491).
  3. Lamsdell JC, Briggs DEG, Liu HP, Witzke BJ, McKay RM (2015) The oldest described eurypterid: a giant Middle Ordovician (Darriwilian) megalograptid from the Winneshiek Lagerstätte of Iowa. BMC Evol Biol 15(169). (DOI:10.1186/s12862-015-0443-9).
  4. Manning PL, Dunlop JA (1995) The respiratory organs of eurypterids Palaeontology 38 : 287-297.