三共堤・丸田沢堤の自然
動物一覧
哺乳類
野ネズミやリスが生息していることはわかっていたが,写真に収めることは無理だろうと思っていた。しかし,毎日のように歩いていると,そういうチャンスが巡ってくることもあるようだ。
ニホンリス
to Topページ先頭へ
鳥類
一年,鳥の鳴き声の聞こえない日はない。道を歩けば,思いがけず近づいてきた人間に驚いて飛び立つ鳥に,人間の方も驚く。道のそばのヤブでは鳥の動く音が聞こえ,傍らの木では手の届きそうなところに巣穴あり,ヒナの鳴き声が聞こえる。そういう森なのだ。
それにもかかわらず,なかなか写真に収まってくれない。レンズを向けると途端に逃げてしまう。愛想よくピースサインなど出してくれないのだ。歩きながら,あわよくば鳥の写したいなどと都合のいい話はないということだろう。
キジ科
コジュケイ
カモ科
オオハクチョウ
オシドリ
オナガガモ
カルガモ
コガモ
ハシビロガモ
マガモ
キンクロハジロ
ホシハジロ
カワアイサ
ハト科
キジバト
クイナ科
オオバン
カモメ科
ユリカモメ
サギ科
アオサギ
ダイサギ
ウ科
カワウ
タカ科
トビ
キツツキ科
アオゲラ
アカゲラ
コゲラ
アトリ科
ウソ
シメ
カワラヒワ
ベニマシコ
マヒワ
イワヒバリ科
カヤクグリ
ウグイス科
ウグイス
エナガ科
エナガ
カラス科
オナガ
カケス
ハシブトガラス
シジュウカラ科
シジュウカラ
ヤマガラ
セキレイ科
セグロセキレイ
ハクセキレイ
チメドリ科
ガビチョウ
ツグミ科
ツグミ
ヒタキ科
キビタキ
ジョウビタキ
ルリビタキ
ヒヨドリ科
ヒヨドリ
ホオジロ科
アオジ
カシラダカ
ミヤマホオジロ
ホオジロ
メジロ科
メジロ
モズ科
モズ
to Topページ先頭へ
爬虫類
5月から10月,道を歩いているとヘビにバッタリ出会うことがある。ヘビの方からちゃんと避けてくれる。11月に入るとパッタリと見えなくなる。
道端でカサカサ音がするのは大抵カナヘビである。
カメは,例の種類が相当数生息しているように思われる。これをどのように考えればいいのだろうか。
アオダイショウ
ヤマカガシ
アカミミガメ
クサガメ
ニホンカナヘビ
to Topページ先頭へ
両生類
この森のような環境ではカエルの仲間は複数種生息していて当然なのだろうが,当然のことながら水辺まで行って積極的に探さないとカエルにはなかなか会えない。もちろん,ウシガエルは盛んにその存在をあの鳴き声でアピールしているが。
宮城県の自然保護課のサイトにはトウホクサンショウウオが紹介されているが,とてもサンショウウオの仲間が生育できる環境には思えない。
ヤマアカガエル
オタマジャクシ
to Topページ先頭へ
魚類
決してきれいな水質とは言えない沼であるが,もちろん魚も多数暮らしているはずだ。それを目当てにカワウなども定着している。きっと外来種が主体になっているのではないだろうか。
この沼は仙台市の公園の一部であり,釣りは禁止されている。
コイ
to Topページ先頭へ
昆虫
生物の種類の同定は,昆虫類の場合,雌雄,季節,生活史,地域などの違いにより配色や形態が異なることが多く,さらに難しい。ここは無理をせず,大きな区分で終わりにした。
ここに挙げたものは,もちろん生息数が多いからでも,個人の好みからでもない。単に散策しながら植物を撮影していた時に,たまたま視野に入ってきたから,そして逃げずにじっとしていてくれたからである。
トンボ目
モノサシトンボ
ハグロトンボ
ムカシヤンマ
オニヤンマ
アキアカネ
ウスバキトンボ
コシアキトンボ
オオシオカラトンボ
コフキトンボ
チョウトンボ
ナナフシ目
ナナフシの仲間
バッタ目
オンブバッタ
セスジツユムシ
ツユムシの一種の幼虫
カマキリ目
カマキリの仲間の幼虫
カメムシ目
トドノネオオワタムシ(ユキムシ)
ヤニサシガメ
アブラゼミ
チャバネアオカメムシ
エサキモンキツノカメムシ
セアカツノカメムシ
オオクモヘリカメムシ
キバラヘリカメムシ
ツマグロオオヨコバイ
アミメカゲロウ目
ウスバカゲロウ
コウチュウ目
オオヒラタシデムシ
カナブン
シロテンハナムグリ
セマダラコガネ
オバボタル
カクムネベニボタル
ナナホシテントウ
アカハネムシの一種
キイロカミキリモドキ
カミキリムシの仲間
ヒメヒゲナガカミキリ
アカハナカミキリ
ヨツスジハナカミキリ
シリアゲムシ目
シリアゲムシ
ハエ目
イシアブの一種
シオヤアブ
マダラホソアシナガバエ
チョウ目
シロシタホタルガ
マツカレハ
カノコガ
ヒメシャクの仲間
フタマエホシエダシャク
キンモンガ
ヒゲナガガの一種
クロアゲハ
ゴイシシジミ
ミズイロオナガシジミ
コジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ミスジチョウの仲間
イチモンジセセリ
オオチャバネセセリ
ダイミョウセセリ
ハチ目
チャイロハバチ
コンボウヤセバチ
オオホシオナガバチ
スズメバチの一種
クマバチ
to Topページ先頭へ
クモ
ウロコアシナガグモ
ジョロウグモ
ナガコガネグモ
コハナグモ
ワカバグモ
ハエトリグモの仲間
オナガグモ
ザトウムシの仲間
to Topページ先頭へ
その他の動物
当然,脊椎動物や昆虫類の他にも,多数の動物がこの森には生息している。それらの多くは人の目に触れる機会が少ない,あるいは見たくない動物たちかもしれない。
ヤマナメクジ
オオミスジコウガイビル
オオマリコケムシ
to Topページ先頭へ