アランダスピス Arandaspis prionotolepis
アランダスピス No.1
オルドビス紀の初期から中期4) に生きていた最初期の海生魚類で,サカバンバスピスと同じく,無顎魚類の翼甲類に分類されている(無顎上綱翼甲綱,Superclass Agnatha,Class Pteraspidomorphi)6)
体長はせいぜい15cm程度3), 4)で,体前半部と頭部が,背腹2つの皮骨1) からなる盾状構造で保護されている。この構造は体を支える役割も果たしていたかもしれない4)
アランダスピス No.2
2つの盾状構造の間には隙間があり,その体側の隙間には鰓裂と思われる構造と,前方に眼がある。化石の体後半部は失われているので,尾の形状は推測するしかない4) 。顎がないので,口を開けて泳ぎ,口に入ってくるものを濾過する濾過食生6) であったが,口腔内には餌などの吸引を助けるような板状構造があった4) とも言われている。
アランダスピス No.3
生態的な役割は捕食者であるが,砂状の浅海底2) に散在する岩や小石などの下に隠れるようにして生活していたとも考えられる。
アランダスピス No.4
鰭(ヒレ)に相当する構造はなく,現生両生類のオタマジャクシのように6) 体をくねらせて泳いでいたのだろう。
尾だけでなく頭部も左右に振るような動きで,実際はかなり効率の悪い泳ぎだったと思われる。オタマジャクシよりずっと下手だ,ということだ。
アランダスピス
2019.1 - 2019.4 製作
製作にあたっては,Long(2014)1) ,Ritchie et al.(1977)2) ,Australia: The Land Where Time Began3) ,Prehistoric Wildlife4) ,Tree of Lide5) , Wikipedia6) , ウィキペディア7) を参照した。