paleozoic aquarium banner
ディダズーン (ディダゾーン) Didazoon haoae
ディダズーン #01
ディダズーン(Didazoon haoae)は、一見、巨大なオタマジャクシのような、あるいは大きなホヤの幼生を思わせる形をしている。澄江動物群の謎多い種であり、カンブリア紀初期の海に生息していた 4)
属名の "Didazoon" は中国地質大学の略称から採ったものである 4)。系統群ヴェツリコラ(ウェツリコラ)(Vetulicolian、Vetulicolida綱)の一種で、体は2つの部分からなり、前方部は鰓裂が5つ並らび6つに分節化した膨らんだ形状で、後方部は7つに分節化している 4)
ディダズーン #02
体長は約80mm、体高約30mm(参考文献4の図1d上で計測)。同じディダズーン科(Family Didazoonidae)のシダズーン(Xidazoonとよく似ているが、前方部の輪郭は側方から見ると丸みを帯びた四角形である 1), 4)。6つに分節化し膨らんだ袋状をしており 1), 4)、背腹部の縁部分は平たく、特に腹部側は後方に向かって広くなっている 4)
ディダズーン #03
前方部には両側面中央に前方から後方に向けて並んだ5つの鰓裂と思われる構造があり、それぞれ帽子(lappet、hood、cowl 等)状の覆いが少し突出するような形でついている 4)。体前端には放射状口器円盤が囲む大きな開口部があり 1)、おそらくシダズーンと同様の構造であろう。
体後方部は前方部の背中側から伸びているように見える。楕円形の広葉のような形状で、終端部は丸みを帯びている。後方部中央には腸管と思われる構造があり、肛門は終端部に開口している 4), 5)
ディダズーン #04
ディダズーンは底生の表在性(表生性)であり、底生の堆積物濾過食性と思われる 1), 4)。あるいは、海底近くを泳ぎながら懸濁物を摂取していた可能性もある 2)。環状口器には咀嚼など何らかの動きを推測させる機構の痕跡など見当たらないようだ 1)。標本の多くは体前方部に多量の堆積物を含んでいること 1, 4)も合わせ考えると、ディダズーンは口から海底の堆積物や海水中の懸濁物などを海水とともに吸い込み、そこから有機物などを濾し取って栄養としていたのかもしれない。不要な海水は鰓裂から排出されたのだろう 3), 4)
ディダズーン
ディダズーンが含まれるヴェツリコラは、節足動物や後口動物ステムグループなど、またその分類群内の位置もさまざまに考えられてきた 1), 7)。前口動物の可能性も残っており 1)、系統上の位置に関してより慎重であったり 1)、懐疑的な立場 6)もあるが、大方の議論は後口動物としているようだ 2), 7)。ただ、その位置について、後口動物ステムグループと考えるか 3), 4), 5), 7)、脊索動物ステムグループ、とりわけ尾索動物姉妹群 2)として扱うかで意見は分かれている。
ヴェツリコラの仲間は、現在は北アメリカ(グリーンランド・シリウスパセット) 7)、オーストラリア(南オーストラリア・エミュー・ベイ頁岩層) 2)でも発見されている。
2020年12月 - 2021年3月 制作
参考文献・サイト:
  1. Aldridge RJ, Xian‐Guang H, Sivester DJ, Sivester DJ, Gabbott SE (2007) The systematics and phylogenetix relationships of Vetulicolians. Palaeontology 50: 131-168. (DOI:10.1111/j.1475-4983.2006.00606.x.)
  2. García-Bellido DC, Lee MSY, Edgecombe GD, Jago JB, Gehling JG, Paterson JR (2014) A new vetulicolian from Australia and its bearing on the chordate affinities of an enigmatic Cambrian group. BMC Evol Biol 14, 214. (DOI:10.1186/s12862-014-0214-z.)
  3. Ou Q, Conway Morris S, Han J, Zhang Z, Liu J, Chen A, Zhang X, Shu D (2012) Evidence for gill slits and a pharynx in Cambrian vetulicolians: implications for the early evolution of deuterostomes. BMC Biol 10, 81. (DOI:10.1186/1741-7007-10-81.)
  4. Shu DG, Conway Morris S, Han J, Chen L, Zhang XL, Zhang ZF, Liu HQ, Liu JN (2001) Primitive deuterostomes from the Chengjiang Lagerstätte (Lower Cambrian, China). [abstract] Nature 414: 419-424. (DOI:10.1038/35106514.) (The full-text was referred to ResearchGate.)
  5. Shu DG, Conway Morris S, Zhang ZF, Han J (2010) The earliest history of the deuterostomes:the importance of the Chengjiang Fossil-Lagerstätte. Proc. R. Soc. B 277:165-174. (DOI:10.1098/rspb.2009.0646.)
  6. Swalla BJ, Smith AB (2008) Deciphering deuterostome phylogeny: molecular, morphological and palaeontological perspectives. Phil. Trans. R. Soc. B 363:1557–1568. (DOI:10.1098/rstb.2007.2246.)
  7. Vinther J, Smith MP, Harper DAT (2011) Vetulicolians from the Lower Cambrian Sirius Passet Lagerstätte, North Greenland, and the polarity of morphological characters in basal deuterostomes. Palaeontology 54: 711-719. (DOI:10.1111/j.1475-4983.2011.01034.x.)